HTMLでブログ作成 超初級編

本日は、WordPressでブログを書く上で、初心者のうちは必須ではないが今後知っておいたほうが良いHTMLを勉強していきたいと思います。

HTMLとは

HTMLとは Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ) の略称で、Webページを作成するための言語です。「head要素」「body要素」を含み、Webページの文書構造を規定するもの。

ということですが、さっぱりわかりません!

もう少し解説していきましょう。

下の画像はyahooさんのTOPページですが空白の部分で右クリックを押すと

小さなウインドがでます。その一番下に”検証”とありますよね?

”ソース”、”ソースの表示”等の表示になってるかもしれませんが、

押してみましょう。

下にようなウインドがでてきましたね。

なんだかよくわからない英語がでてきましたよね?

この並んでいる英語の文字は、ソースコードと呼びWebページ内の表示や動作を命令することができるらしいです。

図のように、Webページの正体はHTMLタグを使って構成されている文書であり、これがブラウザで読み込まれることで、Webページが表示されるようです。

図の赤枠の上の方に<html>そしてスクロールしていき一番下あたりに</html>があるのはわかりますよね?この中に色々なタグと呼ばれるものを入れていくようです。

タグとは

<〇〇○○>というように<>で囲まれているものをタグと呼ぶようです。

基本的には<開始タグ>と</終了タグ>の2つを1セットとして使います。終了タグにはタグ名の前に/(スラッシュ)を付けます。

先程の<html>〇〇○○</html>, ページのタイトルを指定する場合は、<title>○○○○</title>のように記述します。<p>○○○○</p>は段落を意味するタグとなっているようです。

他にも、フォントタグ <font size=”2″ color=”red”> 等で文字の大きさ、色を変更できるようです。

私はWordPressを使用しているので、ビジュアルエディターで書いていますが、コードエディターを使って見てみましょう。

文字の大きさ”8”文字の色を赤にしたフォントタグです。

コードエディター

<font size=”8″color=”red”>コードエティター</font>

とコードエディターで記述すると文字の大きさや色を指定できるようです。

これだけ知っていればHTMLの文章は書けそうですが、ブログを書くときにはもう少し必要な知識がいるようです。

まとめ

コードエディターを使う場合、HTMLタグを使用したほうがビジュアルエディターで書くよりも簡単に文字サイズや文字の色を変えることができるようです。