トレンド記事

顔がない赤ちゃんは超音波でみえなかったのか?

【10月25日 AFP】ポルトガルで今月、顔のない赤ちゃんが生まれた。これを受けて、担当の産科医が職務怠慢の疑いで停職処分となった。この問題は、同国に衝撃をもたらしている。

 ロドリゴちゃんと名付けられたこの新生児は今月7日、首都リスボンから南に約40キロ離れたセトゥバル(Setubal)の病院で、鼻と両目、頭蓋骨の一部がない状態で生まれた。顔面の欠損は、出産時に初めて分かったとされる。

なぜこんなことが起こったのか

妊娠6ヶ月時に追加の超音波検査を希望した。その際 カルバーリョ 医師は胎児に異常がある可能性について伝えたが、問題ないと話して両親を安心させていた。

義務付けられている3回の超音波検査をしていたが、不安になるようなことは一度も言わなかった。

カルバーリョ 医師は他にも、2013年以降6件の苦情が寄せられていた。

こんな事が起こりうるのか

胎児の超音波検査は、モニターを使って医師が説明してくれるだけで一般人には説明がないとわかりませんよね。(私もわかりません。)

医師は超音波検査で何をみているのか

医療者(医師、助産師、超音波検査技師)は胎児超音波で、以下の項目を必要に応じて評価しています。Medical Note抜粋

  1. 胎児の数
  2. 胎児の向き
  3. 胎児の大きさ(体重)と羊水量
  4. 胎児の元気さ(胎盤機能)
  5. 胎児の形態異常の評価(顔、性別や体の中に異常がないか、など)

日本では上記5点を診ているようです。

今回のカルバーリョ医師は、この5番目の胎児の形態異常の評価に関して怠ったと思われます。

これについては、 カルバーリョ医師は超音波検査では「赤ちゃんの顔が母親のおなかに密着していると、顔の一部が見えないことはままある」と説明していたそうです。

顔の一部がみえないことはあるのか

妊娠中期では見えないものが妊娠後期になってみえるようになるものもあるそうです。

超音波検査の手順は施設や検査者によって違いますが。手順が記載されていました(あくまで一例)ので紹介しておきます。 (Medical Note抜粋

  • 赤ちゃんの向き、大きさ、羊水量確認。
  • 頭蓋骨はきれいに見えるか。欠損している箇所はないかを確認。
  • 大脳、小脳は週数通りの発育をしているか。脳室に異常はないかを確認。

  • 腫瘍や嚢胞など頭の中に異常な構造はないかを確認
  • 眼や鼻、唇がきれいに見えるか確認。
  • 背骨がまっすぐになっているか確認。
  • 二分脊椎や腫瘍などの異常がないか確認。
  • 手足に大きな異常はないか確認

ここまで確認していれば、見落とすことはほぼないのではないでしょうか。

おもうこと

私は医師でもなく医療従事者でもないので、超音波検査の判断の難しさはわかりません。

人間である以上、慣れで仕事をしている方がほとんどだと思いますが、経験則でこれなら大丈夫と判断するのは安易な考えだとは思います。

両親の希望で超音波検査を3回もしておきながら、思い込みからかは分かりませんが問題ないと診断したのが間違いだと思われます。

生まれてきた顔のない赤ちゃんは現在入院中と書かれていましたが、両親、赤ちゃん自身この先どう生活していくのでしょうか。

医師との信頼関係、今後の生活、難しい問題だと思いますがあなたはどう思いましたか?