夜道は危険!女性の防犯対策

遊びにいった帰りや仕事帰り等、どうしても時間が遅くなってしまうことがありますよね?

最近では物騒になってきて、夜道で不審者に狙われてしまうこともあるかもしれませんので「不審者から身を守るためにどうしたらいいか」と「遭遇してしまったらどうしたらいいか」をまとめてみました。

参考にしてもらえれば良いと思います。

夜道の防犯対策

夜道を歩かない

夜道を歩かないのが一番いい方法だとは思いますが、そうはいかないときもありますよね。

どうしても夜道を歩かないといけない場合は、できるだけ友達や知り合いと2人以上で行動するのが良いと思います。

他には、できるだけ人通りの多いところを通り、街灯が多いところを通りましょう。不審者自体が顔を見られて覚えられても困りますからね。

帰り道は毎日同じところを通らず待ち伏せされないようにするのが良いと思います。

自転車で帰宅などをしている場合は、乗っている自転車を倒されたりして足止めされると困るので不審者と思われない人であっても距離をとって自転車で走ったほうが良いと思います。

徒歩でも自転車でも警戒は怠らないようにしてくださいね。

防犯ブザーを持つ

夜道を歩く時が多い女性は防犯ブザーを携帯しておくのが良いと思います。

今は薄型で生活防水、大きな音が出るのに加えて可愛いデザインの防犯ブザーもあります。

バッグにキーホルダーのようにつけて歩いていても防犯ブザーっぽく見えないしオシャレに防犯できますね。

ポケットに防犯ブザーを入れておいても薄型のもあるので、特に違和感なく持ち運びができるしオススメです。

服装に気をつける

女性なのでファッションに気をつけている方も多いと思いますが、露出の高い服装などを着ていると狙われやすいと思うので格好に気をつけましょう。

特に暗闇でも女性とわかる格好など気をつけたほうが良いと思います。

履物もいざというときに逃げれるような靴を履き、いつでも逃げれるように心がけるのが大事だと思います。

夜道で不審者に遭遇してしまったら

簡単護身術

簡単な護身術があります。女性は力がない人が多いので少しだけでも護身術を知っておくと良いと思います。

1つは、指を開いて手の裏側で相手の顔面を叩いて眼つぶしをする

というものがあります。この方法は相手の目がチカチカしてしばらく周りが見えなくなるというもので、その間に逃げることができるので覚えておいたほうがいいでしょう。

もう1つが、相手がほぼ男性ということで、急所蹴りですね。

急所蹴りは、しっかりヒットすれば効果抜群ですのでしっかり狙って蹴ってみましょう。ヒットさせることができれば、追加攻撃や逃げることも余裕でできますので覚えておいてくださいね。

防犯ブザーを鳴らす

防犯ブザーを鳴らしたり、大声を出すというのは効果的です。

近隣の人に知らせることができるので不審者は逃げることがおおいです。

大声を出すといっても、いざというときに声がでない人もいると思うので防犯ブザーを携帯しておき、使用するのが良いでしょう。

民家やコンビニに逃げ込む

近くに民家やコンビニがある場合は、急いで駆け込むことが重要です。

民家の場合は、大声で助けをもとめながら民家に逃げ込みましょう。そのあと警察に連絡してもらえれば警察官が見回りにきてくれて、家まで送ってくれると思いますよ。

コンビニに逃げ込む場合も同じでコンビニから警察に連絡しましょう。

家の近くで遭遇した場合

家の近くで遭遇してしまったら、すぐに家の中に入ってください。

家の中に入ったら、鍵を閉めてしっかり戸締まりしましょう。

戸締まり確認をしたら、警察に連絡して見回りしてもらうのが良いと思います。

つけられているかも?と思った場合は、どこの部屋か覚えられては困るので電気をすぐにつけないようにしてくださいね。

まとめ

夜道で不審者から身を守る為には

  • 夜道をできるだけ歩かない。できるだけ2人以上で行動する。
  • 夜道をどうしても歩かないと行けない場合は防犯ブザーを携帯する
  • 服装や履物に気をつける

夜道で不審者に遭遇してしまったら

  • 簡単護身術で身を守る
  • 大声を出したり、防犯ブザーを鳴らす
  • 民家やコンビニに逃げ込む
  • 家の近くで遭遇したら急いで家に逃げ込み、戸締まりをする

日本は、治安が良いと言われていますがそれは世界的にみてという話であって、まったくの安全ということではありません。

通り魔事件などもあったり地方や田舎だから安心というわけでもありませんので、いつでも対処できるように準備しておくのが良いでしょう。