工場で働く!

工場勤務では穴があく

タイトルの工場勤務は穴があくということで、何に穴があくのか気になった人もいると思いますが、この記事では工場勤務は靴下に穴があくという記事なので穴があく原因と対策を見ていく記事となっています。興味がなかったらスルーしてください。

靴下に穴があく原因

靴下に穴があく場所もひとそれぞれかもしれませんが、だいたい親指あたりに穴があくのではないでしょうか?かかとが薄くなって穴があく人もいるとおもいますが、ここではつま先に穴があく人をみていきます。

まず靴を見ていきます。工場勤務ではほとんどのところが安全靴を履いています。安全靴と普通の靴(スニーカーなど)では何が違うかと言うと安全靴の足の指部分に、足を守るために鉄やプラスチックなどが入っているのです。安全靴を知らない人は靴の指あたりに鉄がついていると思ってください。イメージでいうと、スリッパのつま先部分だけ鉄で覆われているということです。

次に、自分の足の指をみてみましょう。爪がのびていませんか?原因のほとんどがその伸びた爪なのです。

どういうことかというと、安全靴の鉄板、靴下、足の爪この3つが合わさると真ん中にある靴下が挟まれた状態になり歩いたりするだけで擦れて穴があくわけです。

鉄板と爪はある程度硬いですから、一番やわらかい靴下に負担がかかって1日で穴があくこともあります。

靴下に穴があかないようにする対策

それでは対策をとっていきましょう。

先程、鉄板、靴下、爪の3つがあわさって一番弱いのが靴下と書きましたが、弱い部分を強化するという手がありそうに思えますが靴下ですから強化するわけにもいきません。かといって安全靴の鉄板をなくしたら安全上よくないわけです。ということは、爪しかみるところがない事になりますよね。

では爪をどうしたらいいかということを説明していきます。

爪は一定の期間伸ばし続けると足の指先より長くなってしまいますよね?指先より長いと爪の先端が靴下にあたり、靴下が引っ張られた状態になっている部分があるのです。その靴下の引っ張られた状態で爪が鉄板にあたるので引っ張られることがない様に、指の形とおなじになるよう爪切りでカットしましょう。

爪切りでカットするときの注意点ですが、深爪にならないように靴下があまり当たらないところまでカットするのがポイントです。そして爪切りについていると思いますがヤスリで先端を丸めましょう。理由は爪の先端が丸まっていないと角ができて余計穴があきやすくなるからです。

他の箇所が穴があく人

足の指先以外で穴があきやすい人もいますが、かかとに穴があく人はかかとが硬くなっている可能性もあります。皮膚の問題だったら皮膚科で相談するのが良いと思います。歩き方でかかとに穴があく場合は靴のかかと部分が減っていき靴の中の形状がかわって体重かけたときに擦れているようです。靴の中敷きを交換するだけで靴下のかかとの穴があくのを防げると思います。

他の対策

他にも対策はあります。

安全靴が古くなってくると、靴下にあたる部分が剥げていき鉄板がむきだし状態になるとクッション効果がなくなり穴があきやすくなるので安全靴を交換すると靴下が長持ちするようになります。

靴下に穴があくのは仕方ないと諦めて、安い靴下を何足も買うというのもありだとは思います。軍足という靴下なのですが5足500円もあれば購入できます。1日で穴があくようだと5足1000円の靴下では、もったいないですからね。



まとめ

工場勤務では靴下に穴があきやすい原因は主に爪である。

対策として、爪のカットは指の形状からはみださないようにする。

靴下のかかとに穴があく人は中敷きを交換してみる。

他の対策は古くなったら安全靴を変えてみる。

軍足を購入して穴があくこと前提に働いてみる。

タイトルでは工場勤務では穴があくということで、靴下のことでしたが、ストレスで胃に穴があかないようにストレス発散も忘れずに働いていくことが重要です。工場作業で穴をあける作業をしている人は足自体に穴があかないように注意して作業していきましょう。