工場で働く!

工場勤務!立ちっぱなしで足が痛いときの対処法

工場で何時間も立ちっぱなしで作業しているとどうしても足が痛くなりますよね?最初のうちは『そのうち慣れる…。』などと思ったりもしますが、立ちっぱなしの作業ってこれがまた慣れないんですよね!いつまでたっても足は痛くなるものです。

そんな悩みの人が少しでも楽に仕事ができるように書いた記事となっています。

なぜ立ちっぱなしだと痛くなるのか

なぜ立ちっぱなしだと足が痛くなるのかというと、簡単に言えば足を動かさないことにより血行が悪くなるということです。

工場などの仕事だとずっと同じ場所に立っていないといけなく、その場から動けないのでどうしても血流が悪くなってしまうのです。

それでは、その血流が悪くなったときにはどうしたらいいかを見ていきましょう。

足が痛くなったときの対処法

対処法①

仕事中にできるなら、ストレッチや膝の屈伸をして足の血流をよくするといいでしょう。ふくらはぎのストレッチが一番効果的ですね!

仕事中にできないという職場もあるかと思いますが、その場合は休憩時間を使ってストレッチや膝の屈伸をして足をもみほぐすといいですね。

対処法②

2つ目の対処法としては、これは仕事中には難しいかもしれませんがツボ押しです。

下の画像の赤いの部分が豊隆(ほうりゅう)といって、足のむくみや余分な水分の排出をスムーズにしてくれるツボとなっています。

すねの骨の外側、膝と足首の真ん中あたりで外側の筋肉が一番盛り上がっているところです。

下の画像は、足三里(あしさんり)といって身体の中に溜まった老廃物の排出を促進、溜まった疲れを和らげるツボです。

むこうずねの外側を下から上にさすっていくと骨にあたって止まる場所があるので、そこから小指側に指2本分外側のくぼみです。

下の画像は、陽陵泉(ようりょうせん)といって、上にあげた足三里とおなじ効果があります。

ひざの外側の少し下に飛びだした骨があり、その骨の下側の下側のくぼみにあります。

ツボ押し自体は、効果はありますがさすがに仕事中に長時間は厳しいと思いますので空いた時間を使ってツボ押しするといいかもしれませんね!

立ちっぱなしで足が痛いときの対処法のまとめ

この記事では、

なぜ立ちっぱなしで足がいたくなるのか

足が痛くなったときの対処法

ストレッチ、ひざの屈伸、ツボ押し3箇所

を紹介しました。

仕事中にツボ押しなどは難しいので合間にストレッチや屈伸をやっていけば全く疲れないっていうわけではありませんが痛みを和らげることができます。

痛みにも色々ありますが、いつもの足の痛みとは違うと思ったら早めに病院で診てもらってくださいね。